カレンダー

<   2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

東京市場は外人投資家のヘッジ売りの対象?

 

 情けない話ではあるが、外人投資家は米国株に波乱要因があると、本格的に米国株を売らずに、日本株でヘッジ売りを仕掛ける。外人投資家の売買占有率が67割に迫る市場で、それなりの時価総額を有する東京市場は、悔しいことに彼らにとっては使い勝手がいいらしいです。

 

 今回も年初来安値を更新しているSBG、任天堂、ファナック、TDKなど、更に年初来安値に届きそうでここ12週間で強烈に下げているのが、ファストリ、キーエンス、アドバンテスト、東京エレクなど、昨日はファストリだけで日経平均の下げ幅191円を演出しております。

 

 その他、ここのところ主役を演じていた海運株の下げも驚きで、11000円の郵船が7日で7000まで下落、川崎汽船、商船三井に至ってはそれ以上の下落率となっており、日経225、だけでなくTOPIXの先物も売りの対象です。

 

 これだけ見ても先物市場を売り叩いていることは明らかです。先週筆者の友人の部下で5000億円ぐらいの資金を運用している投信投資顧問のファンドマネージャーを取材することができましたが、彼らを含め外資系のファンドも東京市場が26000円だ、5000円だと騒いで売っているファンドマネージャーは一人もいないと申しておりました。

 

 あくまでも世界的な波乱要因に対して、現状政治がまだ機能していない東京市場はぶれ易い、だからヘッジしておく方針だそうで、案の定米国以上に東京市場は下落率が大きくなってしまい、目先一回転といったところであります。

 

 昨日の下げで恐らく目先は下値に届いたと思われます。日経平均も下げの三空叩き込で、一目均衡表下値の雲の抵抗帯までキレイに押し目を入れてまいり、昨日は各指数下髭を伸ばす形となっておりますので、テクニカルを見ての押し目買いも入り始めております。

 

 諸悪の根源中国は、6億人が移動した国慶節がこれから明けてまいりますので、何らかの政策サイドのアクションも起きてきそうですが、今年、来年の中国の置かれた環境からも、この問題対する秩序だった対処が表明されるかに注目です。

 

 

弊社へのお問い合わせは、お気軽に03-3868-2801までどうぞ。