カレンダー

<   2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

マイナンバーカード、やっと申請しました。

  

筆者も非国民なのか、正直ちょいと面倒でマイナンバーカードを申請しておりませんでしたが、今回のコロナ禍で諸外国などに比べて日本は、給付金の支給が著しく遅い現実を見聞きし、いろいろメリット、デメリットを考え申請いたしました。(正直にはマイナポイント5000円分が魅力でしたが…)

 

まず、(1)マイナンバーと金融機関とのひも付で住宅ローン審査の際に所得証明などの書類が不要になります。(2)パスポート取得の手続きも番号さえあれば発行してもらえます。(3)健康保険証としても代用でき病院の利用履歴が残るので、医療費控除の際の領収書が不要になります。

 

また、(4)処方薬を薬局でもらう際、これまでは病院に云って医師に処方箋を書いてもらいましたが、今後は毎回必要ではなくなります。

 

5)引っ越しの際、電気、ガス、水道、電話など個別に住所変更を届けていましたが、役所への転入届だけで済むことなど。

 

税金面では十五三一(とうごうさんぴん)で、これまで会社員は所得をほぼ10割把握されていましたが、自営業者は5割、農家は3割、政治家に至っては1割と税逃れの抜け道が多かったのですが、マイナンバーでそうもいかなくなるでしょう。そう考えると、政治家の裏金把握が一番のメリットですかね。

 

またデメリットとしては、記載内容の変更、引っ越しに伴う継続利用には手続きが必要、更に有効期限がある、などですが、一番のリスクは紛失、ないし流出などでのなりすましではないでしょうか。

 

ただ、紛失し他人の手に渡っても顔写真がありますし、海外のように「番号だけで口座開設OK」とはなりませんので番号だけ流出してもリスクは低いと思われます。

 

総合的に考えて、現在は無くても良いですがあれば便利であり、将来的には必須のカードだと思われます。

 

 

お問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!