カレンダー

<   2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

レンジの動きも、東京市場の強さ。

 

東京市場の先週末に伝わった、トランプ大統領のコロナ感染。個人投資家は少々慌てたのでしょう。

 

日経平均のわりに小型株の売られ方がひどかったわけですが、その間米国の夜間取引でも600ドル安を示現、大統領の74歳という年齢を考えると…、いろいろ経緯が考えられ荒れ模様でありました。

 

しかしながら、翌日の米国市場はザラ場400ドル強安かったものの、引けてみれば、130ドル安と、全くレンジ内の動きもで終わりました。

 

米国市場は9月に10%程の調整をすでに入れていることから、この程度かと思われますが、それを考えるとやはり直近の東京市場の強さは目を引きます。

 

金曜日の下げを昨日そっくり返す辺りは、東京市場のトレンドに変わりなしを印象付けました。

 

ちなみにこの流れを俯瞰すると、米国大統領選はどちらが勝っても株高の流れは変わりませんね。勿論政策が全く違うので物色される銘柄は変わるでしょうし、銘柄が変わる過渡期は若干の波乱も付いてくると思われますが、株式市場の基本は材料より需給です。

 

「材料は貨物列車に乗って後からやってくる」といいますが、需給先行のこの相場、強気の評論家諸氏でも年末日経25000円止まりですが、それじゃあ済まないかもしれません。楽しみですね。

 

 

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!