カレンダー

<   2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

SQ値で短期的な相場の盛衰を予測

  

毎月、第2金曜日が差し迫ると『SQ(Special Quotation)「特別清算指数」』という指標が取り上げられます。

 

SQとは、日経225先物やTOPIX先物などの株価指数先物取引、または株価指数のオプション取引などを、最終的な決済期日で決済するための清算価格(指数)のことを云います。

 

いつまでも持ち続けられる現物株とは違い、先物やオプションは決済期日が決められています。決済日までに反対売買しなかった場合は、SQ値で決済されます。

 

このSQ値は先物やオプションの決済期日における指数構成銘柄の寄付き価格から割り出します。第2金曜日にSQ値が算出されます。

 

オプションは毎月SQがありますが、先物は3か月に1回です。先物とオプションが重複する3月、6月、9月、12月の年4回のSQは「メジャーSQ」と呼ばれています。

 

このSQに関連する売買はSQ算出の週に積み上がる傾向があり、相場の不安定要因になることがあります。投機筋が自らのポジションを有利な方向へと導くため、戦略的な売買が加速しやすく、相場の見通しに警戒が必要です。

 

しかし、過去の経験的法則ではSQ値で短期的な相場の盛衰を予測できます。日経平均株価がSQ当日だけでなく、翌週以降もSQ値を上回っている場合は、日経平均は上向くとされます。その逆は相場が先行き低迷すると見られています。参考にしてみて下さい。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!