カレンダー

<   2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

2018年11月アーカイブ

マレーシアが12年連続トップ

 

日本人の間で老後の海外長期滞在がブームになっています。一般財団法人ロングステイ財団の「ロングステイに関する意識調査」では、マレーシアが12年連続でトップに選ばれました。タイが7年連続で2位、ハワイが7年連続で3位になっています。

 

マレーシアは日中の平均気温が2632度と過ごしやすく、治安も良く、医療水準に加え、物価は日本の約3分の1程度のため、年金の範囲内で長期滞在を楽しみたいシニア層を中心に人気です。

 

首都クアラルンプールには、日系スーパーが進出しており、日本食や日用品が豊富。メイドは住み込みで月1000マレーシア・リンギット(約3万円弱)とリーズナブルな賃金で雇えます。

 

隣国インドネシアは地震が多いのですが、マレーシアには活断層や火山がなく、台風もほとんどないのも人気の理由です。

 

教育も高水準で、インターナショナルスクールが充実している上、コストは欧米留学の半分程度のため、母親と小学生の親子や長期休暇を取った若いOLも多いとのことです。

 

因みに日本人のロングステイの71%は3か月以内の滞在で、居住ベースは日本のままで、年に12回のロングステイを満喫しているようです。

 

さて、2018年の東京市場は一見、弱含みの展開のようですが、個別株に焦点を当てると、ここから年末・年始にかけて大相場様相の銘柄も出てきました。

 

大幅高が狙えるこの相場を確実にモノにして、ゴルフ好きの方は温暖な気候の中、ちょくちょくゴルフを楽しみ、釣り好きの方は気軽に海に出て、釣果を楽しむなど、老後は海外で趣味に没頭したロングステイを満喫したいものですね。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

防災・補修工事関連・素材産業株が賑わう展開

 

今年の通常国会で温暖化被害の軽減を目指す「気候変動適応法」が成立しました。今年を振り返っても自然災害の多い一年でした。

 

西日本豪雨に続き、大型台風の21号・24号、震度7の北海道胆振東部地震などなど…。

 

西日本豪雨では山陰山陽地方を中心に鉄道・道路などが機能不全に陥り、交通網に不都合が生じました。

 

大型台風21号では関西空港が水没し、24号では暴風・高潮の影響で航空機や船舶の欠航、鉄道の運行等の交通障害、断水や停電などの被害が発生しました。

 

北海道胆振東部地震では北海道全域での停電に見舞われ、観光客の宿泊予約キャンセルが急増し、観光産業が大ダメージを受けました。

 

矢継ぎ早の自然災害で思い知らされたのが日本のインフラの脆弱性です。各般の建造物は建設後半世紀を過ぎると、致命的な損傷が始まり、急速な経年劣化が進むと云います。

 

老朽化が進行するのは、橋梁、トンネル、水門、港湾岸壁など、戦後まもなく建造されたものは、もうすでに“やばい状態”にあるのです。

 

「国土強靭化」は安倍政権の重要施策の一つで、内閣官房がまとめた18年度の国土強靭化予算は37619億円ですが、来年の予算編成作業はこれから本番を迎えます。

 

今年続発した自然災害の被害の大きさに誘引され、国土強靭化予算は増額される公算は高いでしょう。

 

株式市場の観点から見れば、今後はゼネコン以上に防災・補修工事関連・素材産業株が賑わう展開となりそうです。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

相場は安値圏では弱く見える

 

相場の渦中にいると、下げが未来永劫に続くように感じたり、上げの狂喜乱舞が永遠に続くように思えてきます。

 

しかし、実際は値幅も時間軸も必ず限界があります。

時が来れば花は散るし、そしてまた咲くように…。

 

その繰り返しのテンポとリズムがなかなか会得できないから、相場は難しくもあり、面白くもあるのです。

 

世の中は様々な情報に満ちております。

では、玉石混交の中から、有用な情報を見つけて整理し、株式投資に役立て、儲けるにはどうすればいいでしょうか!?

 

結論を先に述べてしまうと、「努力」と「経験」によって、株式投資の勘を磨いていくしか方法はありません。

 

株式相場のように、一瞬一瞬が重要な判断の連続で、知識や常識が通用しない世界では、経験則から導き出された知恵が「ことわざ」として生まれやすいのです。

 

例えば、「まだはもうなり、もうはまだなり」ということわざは、売り買いの時期を捉えることがいかに大切で難しいかを、おかしみで伝える名句です。

 

当面、今の相場を見て思うことわざは「相場は高値圏では強く見え、安値圏では弱く見える」です。統計データが整っていなかった江戸時代から、相場に携わってきた先人が残してきたこの格言(ことわざ)は、相場が弱いと感じた時に、買うことが成功の道だと教えています。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

年金の繰り下げ受給に妙味は?

 

年金を受け取り始める時期を遅らせて受取額を増やす「繰り下げ」に注目が集まっています。

 

人生100年時代に待ち受ける資金手当てに効果的との見解からです。しかし、増額率などの「有利性」ばかりが先行し、制度の大綱や要旨はあまり知られていないのが実情です。

 

年金の支給開始は原則65歳ですが、本人の希望で6070歳の範囲で選択することができます。65歳より早く受け取るのを「繰り上げ受給」、66歳以降に遅らせることを「繰り下げ受給」と呼びます。

 

月単位での改変が可能で繰り上げは1か月ごとに年金額が0.5%減り、繰り下げは0.7%増えます。最短の60歳まで繰り上げると30%減り、上限の70歳まで繰り下げると42%増え、受け取り始めたらその金額が一生続きます。

 

すなわち、繰り下げは支給開始を遅らせるだけで金額が年約8%、5年で4割以上増える制度ですが、毎年度1万人以上が増加しており、「繰り下げ派」がじわり増えています。

 

そこで注目されるのが「損益分岐点」です。繰り上げた場合の受取総額が、65歳から受け取った場合の受取総額を上回る時点のことで、受け取り始めて概ね“12年”とされます。70歳まで繰り下げたら82歳まで生きれば“得”となります。

 

そもそも年金は、年金事務所で手続きをしないと支給は始まりません。何もしなければ支給開始は66歳、67歳と延びていき、自動的に繰り下げになります。

 

受け取り方は2つ。「繰り下げによる増額請求」と「増額のない年金を遡って請求」のどちらかを選びます。68歳から受け取る場合、前者は約25%増えた年金額を受け取り、後者は6568歳までの期間に受け取れるはずだった金額を一括で受け取り、以降は増額のない本来の年金額を受け取ります。人生設計や懐具合に合った選択が可能と云えそうです。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

生分解性プラスチックの開発&量産

 

プラスチックごみによる海の汚染問題が世界中で問題視されています。微細なプラごみが海の生態系に悪影響を与える恐れがあるのです。

 

国連環境計画(UNEP)によると、不法投棄などで川や海に流れ込んでしまうプラスチックごみは毎年1300万トンに上ります。プラごみは分解されず、海を漂う間に粉々になり、エサと一緒に魚や貝が食べてしまいます。

 

こうした「マイクロプラスチック」と呼ばれる微粒子には有害物質が付着しやすく、魚を食べた野生動物や人間などに悪影響が及ぶ可能性も指摘されています。

 

石油から作る従来のプラスチックは軽くて強く、なかなか分解しないのが特徴ですが、この長所が環境問題では欠点になります。

 

この問題を解決するために開発されたのが「生分解性プラスチック」です。使用時は従来品に近い機能や性能を持ちますが、使用後は土などに潜んでいる微生物に食べられ、最後は二酸化炭素(CO2)と水になります。海に流出しても分解が進めば、汚染の防止にもつながります。

 

脱プラスチックの動きが世界的に急速に広がっており、国内外の飲食チェーン大手も、紙や生分解性プラなどの代替素材に切り替える方針を打ち出しています。

 

環境省も補助金によって普及を後押しする方針で、日本の科学会社も原料に石油を使わず、さらに海でも分解する生分解性プラスチックの開発&量産を進めています。

 

17年の世界生産能力は88万トンで、プラスチック全体に占める割合は1%未満にとどまりますが、今後は既存のプラ製品からの切り替わりが進み、22年には17年よりも23%増えて108万トンになると見込まれています。

 

生分解性プラスチック関連に注目!

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

あまりにも出遅れが著しい

 

NYダウはブラックマンデー(19871019日の1738ドル)と比較して14.5倍になっています。

 

しかし、日経平均株価は19871020日の終値21910円と比較してもほとんど上昇していません。経済の問題もあるでしょうが、あまりにも出遅れが著しいと思いませんか?

 

さらに日経平均株価のPER(株価収益率)は13.7倍、PBR(株価純資産倍率)1.2倍で、両指数とも底値圏にあります。今現在の世界平均のPERは14.8倍、PBRは2.14倍です。

 

さらに日経平均株価の1株利益は1738円、1株純資産は18925円となっていますが、さしあたり世界平均程度のPERに買うと、25800円となります。

 

NY市場のPERは16.8倍ですが、これを当てはめると29300円という数字になります。

 

ここ23か月の目標値が25800円、12年内の目標値が29300円と見ていますが…。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

送金もキャッシュレスの時代へ!

 

金融とIT(情報技術)が融合したフィンテック勢が、銀行に先んじて24時間365日の送金サービスを普及させています。本来、銀行が行っていた送金サービス業に食い込んで来ています。

 

また、国内だけでなく、海外送金でも銀行の送金システムを利用しないサービスが確立しつつあります。

 

英国のフィンテックベンチャーのT社は、16年から日本でもサービスをスタートさせました。同社の口座に海外送金したい金額を振り込めば、送金先の提携銀行の口座から受取人に送られる手順です。

 

現在は59か国に送金が可能で利用者は全世界で400万人に上ります。手数料は送金額の0.62%と銀行の海外送金と比べると格段に割安です。

 

フィンテック勢は日本で、銀行以外で送金業務を手掛ける「資金移動業者」として登録しています。現在は100万円以下の送金しか認められていないので、個人の利用が殆どです。

 

しかし、安倍首相は先日の『未来投資会議』で、「キャッシュレスで送金サービスを受けられる社会を実現するため、金融法制の見直しや金融機関との連携促進などを検討する」との考えを示しました。

 

規制が緩和されれば、本格的に企業間送金にも利用され、さらに送金にかかる手数料や時間・日数などが一変する可能性は高いでしょう。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

安倍政権の成長戦略「Society5.0」

 

自宅のパソコン(PC)を操作していると、最近やたらに「あなたのPCはウイルスに侵されています。すぐこのアプリをインストールして駆除してください」との画面が突然出てきます。

 

閲覧していたウェブページを遮断し、タイムカウンターが「あと250秒で汚染」と警告点滅し、カウントダウンを始めます。この画面の左上には、マイクロソフトのロゴも表示されています。

 

PCにはウイルス対策ソフトをインストール済みなので、悪意なアプリと断定してアプリのシャットダウンを図っても、瞬時にして再発してきます。

 

仕方なくタスクマネジャーを起動してPCそのものをシャットダウンし、ディスククリーンアップをしても、数日後にはまた同じメッセージが執拗に出てきます。

 

弊社と契約しているPCの担当者に相談してみたら、「ウイルスなので絶対にインストールしないように」とアドバイスされました。

 

9月には、仮想通貨業者の「テックビュロー社」で巨額の仮想通貨の流出が発覚しましたが、金融庁が監督する金融業者のセキュリティー対策は厳重なはずですが、それでもウイルスが侵入し、金融データが盗まれました。

 

安倍政権の成長戦略「Society5.0」とはサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を革新的に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立させる「人間中心の社会(Society)」。

 

狩猟社会(Society1.0)、農耕社会(Society2.0)、工業社会(Society3.0)、情報社会(Society4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画(201620年度)において我が国が目指すべき未来社会の姿として正式提案されました。

 

ネットセキュリティー関連株に注目です。

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

年末にかけて好業績を素直に評価

 

1031日のこのコーナーでもお話をしましたが、株式市場で高まっていた極端な悲観論が薄らいできました。

 

先週発表の企業決算で、好業績銘柄や増配銘柄を素直に買う動きが目立っております。業績好調でも売りが目立った先々週とは様変わりで、テクニカル指標を検証しても「底入れ」と判断できるものが増えてきています。

 

反応が様変わりした要因には投資家心理の改善が挙げられます。日米で企業決算が広く知れわたるにつれて「業績は危惧されたほど悪くない」との見方が広がり、株安の発端となった米ハイテク株の持ち直しもあって極端な悲観論が是正されました。

 

テクニカル指標でも「売られ過ぎ感」が出ていました。10月の下落幅は一時3000円を超える株安まであり、最終的にも2199円安とリーマン・ショック直後の(2682円安)に次ぐ株安となりました。

 

株安のプロセスで、値上がり銘柄数を値下がり銘柄数で割って算出する騰落レシオは売られ過ぎのバロメーターとなる80%を下回る70%台に低下し、日経平均の予想PERも12倍台に下がりました。

 

こうした中で、押し目買いのチャンスと見た海外投資家らの買いが入ったことと、10月末に日本株の組み入れ比率を維持するために年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など国内年金の買いも入ったと見られています。

 

ここから年末にかけて好業績を素直に評価する相場が続くでしょう。

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

日本もキャッシュレス化へ

 

今や世界的にスマートフォン(スマホ)やクレジットカード、デビットカードなど現金を使用しないキャッシュレス決済が常態となりつつあります。

 

しかし、日本では電子マネーの支払いが増えつつあるも、依然として現金決済が中心です。

 

そこで、政府はキャッシュレス決済の普及を支援する目的で、6月の「未来投資戦略」において今後10年間でキャッシュレス決済比率を倍増させ、40%ほどにすることを宣言しました。

 

7月には産官学からなるキャッシュレス推進協議会が設立され、さらに総務省も来年度、スマホ決済の実証実験を“県単位”で実施するプランニングを進めています。

 

そのため、クレジットカードや、デビットカードを読み取る端末を個人商店などに配布したり、キャッシュレス決済を利用した消費者に次回の買い物時に使用できるポイントを進呈したりすることも協議しているようです。

 

お国柄、中国でスマホ決済が社会に浸透したのは、偽札が高い確率で普及している中、安全な決済手段が必要とされたからです。

 

そうした不安要因のない日本では、財布の中身を確認することで日ごとの支出額管理が容易にできる現金が好まれます。クレジットカードは使い過ぎが怖いと抵抗を感じる方が多いのでしょう。

 

政府が、決済基盤を提供する企業への補助金供与や中小の小売店舗の消費者へのポイント供与なども検討しているのは、2020年の東京五輪までにキャッシュレス決済の環境整備を整え、訪日外国人をさらに呼び込む目的があります。

 

買い物や外食でキャッシュレス決済できる店舗が増加すれば、消費者の利便性向上は勿論、店舗のコストパフォーマンスの向上も期待できます。

 

キャッシュレス化に注目!

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

技術革新で日常生活は飛躍的な進歩

 

今後、数年で我々の生活を一変させるような『技術革新』が実用化の時代を迎えます。「5G、IoT、AI」、さらに「自動運転、EV、コネクテッドカー」などが一気に開花します。

 

家電のみならず、様々なものがIoTでクラウドに繋がり、ビッグデータ分析のフィードバックや5G通信によって、日常生活は飛躍的な進歩に向かいます。

 

例えば、自動車は単なる移動手段ではなく、“移動するコンピューター”に近づいていきます。そして、移動する時間をいかに快適で楽しいものにするという観点から自動車開発が進められます。

 

取りあえず、2020年の東京五輪の場が世界に向けた『技術革新』を見せつけるステージになります。従って来たる2019年は、その前夜祭となるわけで、日本企業にとっては腕の見せ所となります。

 

1212月に始まった我が国の景気拡大も191月に戦後最長記録を更新し、20年の東京五輪を挟んでさらに好況が続くことになるでしょう。

 

それに加えて20年続いた「デフレ」からの脱却もいよいよ実現することになります。となると…、上記でご説明した『技術革新』だけでなく、今まで「デフレ」のために株価が抑えられてきた「銀行」「不動産」「鉱業」「電力」「海運」「非鉄」などの低PBR株への株価見直しも急速に進むことになります。

 

その結果、「金融相場」と「業績相場」が混然と一体化する夢のような相場が出現することになるでしょう。

 

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

“必中銘柄”を用意してお待ち致しております。

観光立国へ向け2大ハイライト

 

安倍内閣は、今年6月に閣議決定した「骨太の方針」で繰り返し観光立国の具体化(20年訪日客4000万人、同消費額8兆円)を提示するとともに、東京五輪に向けた十分な体制整備の遂行を掲げました。

 

この達成に向けて各省庁は対策を講じていますが、特に国土交通省の「ICT(情報通信技術)を利用した多言語対応」と「デジタルマーケティングを活用したプロモーションの高度化」が2大ハイライトです。

 

19年度予算の概算要求では来年1月施行の国際観光旅客税(出国11000円の負担)を財源とする事業予算480億円を提示しました。

 

来年19年には世界的イベントのラグビーW杯(RWC)が開催されますが、RWCは開催期間が44日間と東京オリンピックの17日間より長期間にわたり行われます。

 

また、全国12会場で運営される期間中の訪日観戦客は約40万人と見込まれており、この観戦客への“計らい”はオリンピックのみならず、観光立国への正念場となります。

 

特に音声認識とその接点上にある翻訳ビジネス、多言語、双方向の対応が可能な音声配信の普及が拡大すると見込まれています。

 

音声認識・自動翻訳関連に注目!

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!