カレンダー

<   2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

見切り千両とは...

 

株式投資は始める前も、始めてからも悩みが尽きないものです。特に買った株が値下がりしたときの投資家心理は、言葉では言い表せないほど辛いもので、証券口座を見るのも嫌になります。

 

日夜問わず、ジリジリした気持ちに襲われ、悩んでしまいます。そして、多くの人は自分の下した判断に未練を残し、株価が戻ることに希望を託してそのまま持ち続けてしまいます。

 

しかし、株価はなお下がり続ける一方で、結局とんでもない株価で投げざるを得ない羽目に陥ります。そこで初めて「少しくらいの損の時に、もっと早く売っておくべきだった」と後悔することになります。

 

そこで売買のコツと心得を教えてくれる格言が“見切り千両”という教訓的言葉です。損には違いないけど、それによって大損が避けられるなら、千金の価値があるということです。

 

そんなことを云っても、「格言通り見切った途端に株価が戻ることだってある」という意見もあるでしょう。要は見切りのタイミングを云っているのであり、これは早すぎても駄目ですし、まして遅すぎるのは論外です。

 

株価が戻るにしてもその間(長くなるかもしれない)、常に憂鬱な気持ちに襲われます。そんな痩せる思いをするくらいなら、一旦見切っておいて起死回生に掛けた方が、よほど気持ちの負担が少なくて済むし、再出動に時にはサッパリした気持ちで動けるという面もあります。

 

「損切はすばやく」「引かれ玉は投げよ」「損は落とせ、さらば利益は大ならん」など様々な言い回しがあるのは、株式投資の損切りの重要性を教えるもので、皆様にもそれを学んでいただきたいと存じます。

 

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

“必中銘柄”を用意してお待ち致しております。