カレンダー

<   2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

2017年8月アーカイブ

物忘れが激しい方は...

 

人は加齢とともに脳が衰え、「俳優の名前」や「地名」がすぐに出てこなくなり、「あれ、なんだっけ?」と物忘れの症状が起き始めます。

 

そんな方の強い味方になってくれるのが、最近話題の「物忘れ改善薬」です。色々な製薬会社から発売されていますが、どの薬も「イトヒメハギ」という植物の根っこを乾燥させた生薬「オンジ」を主成分としています。

 

古くから物忘れに効果がある生薬として知られ、中国の古典書「神農本草経」にも記載されている成分です。このオンジには脳を活性化する作用があり、脳内の海馬に影響を与え、物忘れを改善します。

 

脳の海馬は記憶を短期的に保持する器官で、必要なものは大脳皮質に移管し、それ以外は消去されます。ところが加齢とともに海馬が最初に保持する情報が少なくなります。これが物忘れの始まりで、オンジによって保持機能を温存できると考えられています。

 

そもそも人の記憶には3つのステップがあるそうです。脳に情報をインプットし、その情報を保持し、思い出す力です。これらの機能が低下するから軽い物忘れが起こります。オンジは脳神経の委縮を防ぐ効果があるのです。

 

具体的な製薬会社と薬品名を下記に明記しておきます。

森下仁丹とロート製薬の共同制作の「キオグッド」(90包入り5400円 1か月分)、小林製薬「ワスノン」(168錠 3700円 28日分)、クラシエ薬品「アレデル顆粒」(1900円 14日分)が有名どころです。

 

株式投資は記憶力が重要な要素にもなります。「物忘れが激しくなったな」と感じる方は一度、お試しあれ。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

カジノ第一号は北海道?

 

米カジノ運営大手シーザーズ・エンターテイメントのブラックハースト上席副社長は、時事通信のインタビューで、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致に一部の地域が前向きな北海道への進出に強い野心を示しました。

 

ブラックハースト氏は「全ての機会を視野に入れており、長崎県やその他の地域にも足を運んだが、特に北海道の美しさには感動した」と述べました。

 

日本国内では、カジノ開設によりギャンブル依存症の増加や治安悪化が懸念されています。同氏は「事業者にもいくらかの課題がある」と言及した上で、「巨大なパチンコ店ではなく、巨大な素晴らしいリゾートを造り、地域に大きな恩恵があることを分かってもらえるようにしたい」と語りました。

 

米ラスベガス市長を2期務めた経験を持つ同氏は、市民が望んでいたのは日本と同様に社会保障や教育など「生活の質の向上」だったと振り返り、「IRからの収入を地域に還元したことで市民は恩恵を実感し、私も高い支持率を得た」と話しました。

 

その上で「世界中の人がラスベガスを訪れるのは楽しいからだ。カジノだけでなく買い物やショー、スポーツも楽しめる」と強調し、「日本でも観光客を魅了するユニークなIRを造る」と意気込みを明かしました。

 

最近お休み状態の「カジノ関連」がそろそろ復活か?!

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

東京五輪詐欺が多発、注意を!

 

開催まで3年弱となった東京五輪を巡って、架空の投資話をデッチ上げ、おカネをだまし取る“東京五輪詐欺”が多発しています。

 

東京五輪詐欺は、いくつかのパターンがありますので、典型的なものをお知らせしておきます。

 

まず、東京五輪の用地取得や関連施設の建設と偽り、それらの費用を債権化して売ろうとする手口が一般的ですが、他にも東京五輪に関する詐欺方法は幾つもあります。どれも東京五輪に関して儲け話をもってくることが殆どです。

 

その際には、証券会社や建設会社、施設スタッフ、グッズ販売企業など、複数の登場人物が時間をおいて、劇場型と呼ばれる方法で言葉巧みに電話をかけてくるので、最初は不審に思った人でも、何度となく話を聞いているうちに、金銭を振り込んでしまうようです。

 

東京五輪開催が近づくにつれ、一層“東京五輪詐欺”が増えるのは必至です。「2020東京オリンピックの入場券がもらえる」こんな言葉で勧誘する詐欺まがいのセールスも発生しており、被害者は中高年がほとんどです。

 

詐欺グループはテレビやネットで、その時々の関心事項を常にチェックしています。オリンピックは関心も高く、残念ながら今後も被害は増加しそうです。

 

離れて暮らす親御さんには「東京五輪を騙った投資話は詐欺なので、絶対に相手にするな」と口を酸っぱくして注意しておいて下さい。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

VRは画期的なツール

 

ゲームや映画といったエンターテイメントの世界から始まった「VR」ですが、今では医療や介護などの分野で広く活用されています。

 

「VR元年」と云われた2016年から1年、「疑似体験」を通じて技量や理解を高め、現実社会の難題に向き合おうという段階に入ったのです。

 

CTスキャンで撮影した患者の臓器データを基に、VRで患部を3次元化して再現、ホロレンズと呼ばれる特殊なゴーグルを掛ければ、立ち向かうべき臓器が目の前に浮かび上がります。

 

臓器が立体的に浮かび上がり、指をかざせば、臓器の向きや大きさも自由に調整できます。患部の様子や血管の位置なども詳細に把握することができ、手術に慣れていない人でも要領よく疑似体験ができます。

 

また、立体データを同時に他の医師や看護婦などと共有できるため、手術の時間短縮や出血量の抑制といった効果も出ています。

 

さらにVRの活用は医療だけでなく、産業、介護など幅広く実践されています。どれも「若手の技術向上」「や「普通なら経験できないものを知る」という共通項があり、まさに教育分野での可能性が大きいと云えます。

 

物事には「頭で知る」と「体で知る」がありますが、「体」に関しては「本当に体で理解する」こと以外は、あまり注目されていませんでした。

 

しかし、このVRを使えば視点のスイッチングを自由にでき、そういう意味でVRは画期的なツールと云えます。

 

VR関連に注目!

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

脱現金化が世界で浸透

 

世界各地で現金を使わず支払い(決済)ができる「キャッシュレス」の普及が加速しています。

 

クレジットカードや支払いと同じタイミングで銀行の預金口座の残高から代金が引き落とされるデビットカードの他、電子マネーの普及に加え、スマートフォンを使った新たな決済サービスが牽引役となっています。

 

現金志向が強い日本でも、急増する訪日外国人客への対応などで、政府がキャッシュレス決済比率を倍増させる方針を打ち出しております。

 

キャッシュレス決済に慣れた外国人の誘客には欠かせないサービスの側面もあり、政府は「未来投資戦略2017」で、2027年までに現金以外での決済の比率を2割強から4割程度に引き上げる目標を盛り込みました。

 

クレジットカードや電子マネーなど現金以外が決済に占める比率(2016年)は、カナダが74%、英国が64%、スウェーデンが56%、米国が50%、中国が48%などとなっており、日本の26%を大きく上回ります。

 

政府や銀行がキャッシュレス化を推進している国が多いのは、利便性に加え、犯罪の抑止につながるためです。現金よりも記録が残りやすいキャッシュレス決済が広がれば、脱税などを防ぐ効果もあります。

 

現金の少ない社会に移行した時のメリットが日本以上に大きい国はないのではないでしょうか。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

サンシェードは無駄

 

夏のこの時期、悲しいことに車中に残された小さな子供が熱中症で亡くなったという死亡事故がなくなりません。

 

先月も母親がパチンコ中に置き去りにされた生後数か月の赤ちゃんが亡くなったという悲痛な事件がありましたが、真夏の炎天下ではわずかな時間でも侮らないで下さい。

 

日中の気温が35度の車中の温度は60度近くに達し、ダッシュボードでも75度前後に上ります。まさしく命に関わるレベルなのです。

 

エアコンを停止してからわずか15分足らずで、熱中症指数が危険レベルに達することが実験でわかっております。

 

通常、コンビニの平均滞在時間は23分程度ですが、スーパーでは20分を超えることが多く、子供が寝ているからと云って車中に残すのは短時間であっても危険です。

 

車内の温度を上げないための小道具で一時よく見かけたのが「サンシェード」。厚紙を折りたたんであるアレです。しかし、実際の実験では、まったく対策をしないクルマの車内温度が最高55度なのに対して、サンシェードを取り付けても52度と3度しか変化がありませんでした。

 

車内温度を短時間に冷やすには、エアコンを目一杯つけ、窓を開けて走行することが一番です。55度の車内温度が約1分半で30度以下になります。高速道路などで休憩するときの参考にして下さい。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

おひとり様時代の到来は確実

 

2022年に本格的な「おひとり様時代」が幕を開けます。おひとり様と云えば、飲食店やアミューズメント施設など本来、家族やカップルで楽しむ場所を一人で利用する男女を指します。

 

昔は20代、30代の女性が殆どでしたが、昨今では50代以上の男女が対象になってきています。

 

その訳は、(1)子供と同居しない高齢者の増加、(2)未婚者の増加、(3)離婚増、(4)配偶者との死別です。特に団塊世代の一番バッターである1947年生まれの方が75歳になるのが2022年です。

 

年齢的に夫が亡くなって一人暮らしの女性が増加し始めるため、このころから“一人暮らし世帯”が本格化します。かつて最もホピュラーであった「夫婦と子供2人」という日本の家庭像は崩れ、「一人暮らし」という新たな形態が珍しくなくなってきたのです。

 

この件は、まず不動産問題に大きな影響を与えます。「一人暮らしの世帯」の数が増えれば、固定資産税が高く掃除も大変な広い家は必要ありません。

 

駅や病院やコンビニが近く、コンパクトで住み心地のいい住まいを誰もが求めるでしょう。郊外にある広い一戸建てやタワーマンションの高層階は敬遠されることになるでしょう。

 

勿論、株式投資の銘柄選定にも少なからず影響を与えることにもなるはずです。コインランドリー関連やリユース関連、宅配ボックス関連などは注目されるでしょう。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

遠隔診療時代へ

 

医師と患者が遠く離れていても、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを利用し、診療ができる。―そんな「遠隔診療」が身近になってきました。

 

医師不足が深刻な過疎地域だけでなく、最近は都会にも広がっています。忙しい経営者や会社員向けの禁煙外来や、小児科にかかる親子の利用に有意義です。

 

患者にとっては、通院の負担や待ち時間などを軽減することができ、医師にとっても診察室で対面する患者と違い、普段の様子や素顔が見えやすいという利点もあるようです。

 

遠隔診療は少し前まで離島やへき地が中心でした。それが都会などにも広がったのは、厚生労働省が2015年に公表した「事務連絡」文書が発端です。

 

「都市部在住の多忙なビジネスパーソンで花粉症を患っている患者に対してもオンライン診療を提供できる」などという内容で、それ以降、オンライン予約やクレジットカード決済といった遠隔診療の活動基盤を提供する企業の参入も相次いでいます。

 

現在、遠隔診療向けアプリの開発・販売などを取り扱う企業は10社程度です。そのうちの主要3社を取材したところ、3社だけで提携先の医療機関は約700社に上りました。

 

これまでの遠隔診療は、今の医療保険制度下では通常の対面診療よりも報酬が低く、医療機関側にとっては収入面からは有利なものではありませんでした。

 

しかし、6月上旬に「未来投資戦略2017」が閣議決定され、「遠隔診療についても次期の診療報酬改定で評価する」とされており、実態を後追いする形で、制度も纏まる方向です。

 

関連銘柄は注目です!

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

4000万人時代の到来に注目!

 

今ではインバウンド(訪日外国人客)という言葉が広く使われていますが、官民を挙げて訪日客を増やす取り組みが始まった当時(2003年)は、ビジット・ジャパン(外国人の訪日旅行)という言葉をよく耳にしました。

 

往時、政府は「ビジット・ジャパン・キャンペーン実施本部」を創設し、訪日客数の目標を「2010年に1000万人」としました。約500万人だった当時としては高い目標でしたが、この目標は13年に達成しました。

 

2015年には2000万人を超えた訪日外国人客数ですが、その大半はアジア地域からの訪日です。

 

ビジットジャパン事業の重点14市場として韓国、台湾、中国、米国、香港、英、仏、豪、加、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアが挙げられており、また新規市場として東南アジアからはフィリピン、ベトナムが、さらにアラブ首長国連邦、サウジアラビアといったイスラム圏も追加されております。

 

また、ASEAN(東南アジア10か国の連合)の総人口は6億人以上で、そのうちの約40%はイスラム教徒なのです。

 

今改めて「20年に4000万人」との目標を掲げた日本国ですが、今後の訪日客の受け入れに際してはムスリム(イスラム教徒)のハラールの原則に加えて、いわゆる「ベジタリアン」への対応が重要課題です。

 

健康志向や環境問題、動物愛護の観点だけでなく、ベジタリアンの中にはムスリムの食の禁忌と同様に宗教的な背景を抱えた方もいます。イスラム教徒は豚を食べず、ヒンドゥ教は牛を神聖な動物として決して口にしませんし、ジャイナ教に至っては虫を殺すことや植物殺につながる球根野菜の使用も避けられます。

 

世界に誇れる食文化を持つ日本であるからこそ、食事メニューにピトグラム(絵文字)を表示して使用食材を明確にし、訪日外客の皆様が少しでも安心して滞在中の食事を召し上がっていただけるように“おもてなし対応”が必要でしょう。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

本格的な小型ロケット時代の到来

 

北海道広尾郡大樹町の新興企業インターステラテクノロジズが730日、宇宙空間を目指す小型ロケット「MOMO(モモ)」(全長約10メートル)の初打ち上げに挑みました。

 

しかし、約1分後に機体の位置情報の通信が途絶える障害が発生したため、エンジンを緊急停止し飛行を断念しました。

 

イ社が目指すのは、重さ100キログラム以下の超小型衛星を搭載するロケットの開発です。電子機器の進歩で、地球観測などのデータの収集に使える安価な超小型衛星の製造が可能になり、新興企業などが次々と開発に参入しています。

 

ところが衛星を運ぶロケット側が低価格・小型化路線に対応しきれていないのです。そこに企業が参入するチャンスがあります。

 

日本のロケット・衛星など宇宙機器産業の売上高は、年間約3378億円(2015年度)で、米国の15分の1程度です。政府は宇宙産業全体の市場規模を30年初頭に現在の2倍の約24000億円とする目標を掲げていますが、その実現には新興企業を含む民間ビジネスの拡大がカギを握ります。

 

政府もロケット開発の国際競争力を高めるため、16年には人工衛星の打ち上げを許可制とし、事故時に政府が補償を一定程度負担することなどを柱とした「宇宙活動法」を成立させるなど、民間企業がロケット打ち上げ事業に参入しやすい仕組み作りを進めています。

 

イ社に3年間で5000万円を拠出した経済産業省は今後も支援を続ける意向です。小型ロケット開発はまさに“国策”そのものです。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

見切り千両とは...

 

株式投資は始める前も、始めてからも悩みが尽きないものです。特に買った株が値下がりしたときの投資家心理は、言葉では言い表せないほど辛いもので、証券口座を見るのも嫌になります。

 

日夜問わず、ジリジリした気持ちに襲われ、悩んでしまいます。そして、多くの人は自分の下した判断に未練を残し、株価が戻ることに希望を託してそのまま持ち続けてしまいます。

 

しかし、株価はなお下がり続ける一方で、結局とんでもない株価で投げざるを得ない羽目に陥ります。そこで初めて「少しくらいの損の時に、もっと早く売っておくべきだった」と後悔することになります。

 

そこで売買のコツと心得を教えてくれる格言が“見切り千両”という教訓的言葉です。損には違いないけど、それによって大損が避けられるなら、千金の価値があるということです。

 

そんなことを云っても、「格言通り見切った途端に株価が戻ることだってある」という意見もあるでしょう。要は見切りのタイミングを云っているのであり、これは早すぎても駄目ですし、まして遅すぎるのは論外です。

 

株価が戻るにしてもその間(長くなるかもしれない)、常に憂鬱な気持ちに襲われます。そんな痩せる思いをするくらいなら、一旦見切っておいて起死回生に掛けた方が、よほど気持ちの負担が少なくて済むし、再出動に時にはサッパリした気持ちで動けるという面もあります。

 

「損切はすばやく」「引かれ玉は投げよ」「損は落とせ、さらば利益は大ならん」など様々な言い回しがあるのは、株式投資の損切りの重要性を教えるもので、皆様にもそれを学んでいただきたいと存じます。

 

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

“必中銘柄”を用意してお待ち致しております。

その商品の本当の価値を知る

 

時季外れの商品はバーゲンで安売りされたり、反対に季違いの青果などは驚くほどの高い値段で売っていたりします…。

 

また、骨董品などのモノを買うときに、その商品の適正な価値を知らないと、とんでもない値段を払わされることもあると思います。これを免れるには、その商品の本当の価値を知る必要があります。

 

相場に限らず、そのようなリスクを避けるには、その銘柄の「旬」を逃がさないことが不可欠です。在庫が豊富な時は安く、品薄な状態ですと高くなるのは経済の常識です。

 

その循環性は投資にとって、欠くことのできないもので、その継続した価格を記録するためにチャートが世の中に登場したのです。

 

チャート以外にその銘柄の実態を知るためのツールが「企業情報」です。昨今は、有配や増益の企業が突然、前触れもなく倒産したりする不透明な時代です。

 

そのためにも企業情報は単年で見るのではなく、継続した周期と変化を通して実態を見極めなければなりません。企業の推移変化を見るのは重要な検証なのです。

 

相場と向き合うには、これらの準備は最低限のことですが、心の構えとして相場には「上がり坂」「下り坂」以外にも「まさか」があることを覚えておいて下さい。不慮の備えを怠ると、思わぬ災害にあった時に大やけどを負う羽目になります。

 

弊社は相場を職業としており、当たり前のことを当たり前に行っておりますが、そのための努力と継続は欠かしたことはありません。

 

弊社プラスアルファが、貴方様の最高のパートナーとして最高のサポートをさせて頂きます。お問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

AIで新時代が到来

 

人工知能(AI)が爆発的なブームになっています。知らないうちに、我々の身の周りが「AI」で有り余るほどの新時代を迎えようとしています。

 

新聞記事にAIが載らない日はないし、主要な雑誌も「AI」特集を隈なく組んでいます。

 

日経新聞電子版で[AI]をキーワードに検索すると7月の2428日の5日間だけでマーケット関連を除いて60数件もの記事がヒットしました。

 

昨今、「AI」と云えば、将棋や囲碁の世界で人間に勝ったと話題になっていますが、今となってはありとあらゆる分野で「AI」が関知する、或いは不可欠な時代が目前に迫っています。

 

「AI」とは端的に言えば、無数なデータを“機械学習”して難題を処理するアルゴリズムです。そして、ディープラーニング(深層学習)という新たな機械学習法の台頭を機に一気に進化しました。

 

「AI」では人間の脳の思考回路である神経細胞(ニューラルネットワーク)を構築する“ディープラーニング”はそのネットワークの階層構造の層数を格段に深くすることで、情報のやりとりが圧倒的に増え、解答を導く思考回路が一段と人間の脳の構造に近づくことになり、『頭脳明晰なAI』の誕生になりました。

 

「AI」は、無限の可能性を持つテクノロジーであり、新時代を切り拓く革命児になるでしょう。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!