カレンダー

<   2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

米国株はレイバーデー近辺でスピード調整?

 

米国市場は先週木曜日の大幅安、続く金曜日の小幅安により念願の日柄整理に入れるか、といったところであります。と申しますと、お客様から「株安を望んでいるの?」と訊かれましたが、全く逆です。この辺りでの若干の調整が望ましいと考えている訳であり、それだけ買いエネルギーの強さを実感しているからであります。

 

現在弊社も日々お客様以外の投資家の方とも接点は多々あり、たまにお話させていただいている某投資家の方から、「ほれ見ろ、こんな経済状況で株が上がるわけがない、今までが可笑しい上昇だったんだ、いよいよ株は下がるぞ!」というお電話をいただきました。

 

この相場にしっかり乗って利益に結びつけていらっしゃる投資家と、乗れずにここまでの上昇をただ眺めてしまって、利益に繋げていない投資家の方とでは相場に対する見方が180度違いますね。日経レバの大商いを見ても、強気弱気はがっぷり四つですから言うまでもありません。

 

ただ、お話しさせていただいた投資家の方は下がると思っているというより、買いたいから下がってほしいということであると思われます。決して確固たる弱気から買わないのではなく、乗れていないうちに上がっちゃったというのが本音です。現状この相場に乗れていない投資家の方は、ほとんどがこの部類に入るのではないでしょうか。

 

米国市場が好ましい日柄整理を迎えるとすれば、東京市場も指数での上値取りはしばしお預けです。だからと言って2番底だ3番底だの騒ぎではありません。今までとあまり変わらないかもしれませんが、上に抜けもしないが下値も限定的な日柄整理、これが個別銘柄の活躍の土壌であります。

 

必中銘柄の押し目買いをしてまいりましょう。

 

 

必中国策銘柄を準備しお待ちいたしております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!