カレンダー

<   2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

転職の際の用心

  

人手不足の影響もあり、転職市場が活気を帯びています。ただし、これは35歳以下に限った話のようで、36歳になったと同時に求人は50%減となります。

 

さらに30代を卒業すると、それと同時に50%減となり、その後も5年ごとに減り続け50歳を迎えるころには35歳までの16分の1程度になってしまうのが転職市場の姿です。

 

実は先日、筆者の長年の知り合いが初めて転職活動をしたのですが、興味深い話だったので、今日はそのお話をいたします。

 

その知人は43歳の男性で、差し当たって「求人サイト」に登録したようです。すると、時を置かずに「スカウト」と記したメールが届きます。

 

その内容は「職務は事業企画の仕事で、年収も現今よりも若干アップ」し、今の住まいから近いこともあり、早速応募しました。すると、すんなりと事が運びあっという間に採用が決まり、申し分なく転職が決まりました。

 

しかし、入社してみると状況が一変します。事業企画の仕事だったのに、「まずは営業を実体験してから」と指示されます。きついノルマに追われ、ほぼ同じ時期に入社した社員らは、矢継ぎ早に辞めていきます。

 

同僚に聞いてみると、「営業から事業企画に異動となった人はいない」と。まさにブラック企業に入社してしまったわけで、すぐさま退社して、再度職探しを始めました。

 

私の知り合いは、自分だけに届いた特別なメールだと思い込んでしまったのですが、ストレートに云えば求人サイトに登録した人全員に送られるDMタイプのメールなのです。

 

このような危なっかしい事犯にひっかからない方法は、インターネットで事前に調べておくのは当然ですが、「面接時にどのような仕事が与えられるのか」をしっかり確認しておくことが必須です。

 

さらに、「最初は営業から」と云われても、「では、営業は何か月やるのか?事業企画にはどうすれば異動できるのか?」などを単刀直入に聞くことが大切です。転職予定のある方は、インチキ臭い悪徳企業に注意して下さい。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!