カレンダー

<   2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

25年万博は「課題解決型」

  

2025年の大阪万博は53日〜113日の185日間、大阪市の人工島、夢洲(ゆめしま)で開催されます。

 

「いのち輝く未来社会のデザイン」を主要議題に掲げ、国連が唱道する「持可能な開発目標(SDGs)」が達成される社会の実現を目指し、約2800万人の来場客を目指します。

 

最先端技術や将来構想を世界中から集め、未来社会実現のための実験空間にするのが基本理念です。

 

管理運営では、オンラインによる世界各国からの大会参加、会場内の待ち時間ゼロなどが協議されています。

 

大会を運営する「日本国際博覧会協会」は12月を目安に、博覧会国際事務局(BIE)に万博の具体的な開催計画である「登録申請書」を提出します。

 

20年春ごろにロゴマークが決定される予定で、6月ごろBIEの承認を得て、同年10月から開催されるドバイ万博で各国に正式の参加要望を行うプランです。

 

1851年にロンドンで始まった万博は、産業革命で工業化した国々の「巨大産業の見本市」との位置付けでしたが、20世紀に入ると企業も競い合うように参加、開催国にとっての「国威発揚の場」でした。

 

しかし、万博も少しずつ変化してきており、25年万博は「課題解決型」になると見られており、そういう意味で日本にとっても大阪府・市にとっても大きなチャンスとなるでしょう。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!