カレンダー

<   2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

反射神経の低下は40代後半から一気に...

  

高齢ドライバーの事故が相次いでいます。事故原因の一つに「ブレーキとアクセルの踏み間違い」が報告されていますが、年を重ねると危険認識からブレーキを踏むまでの時間は、若年層と比較するとどの程度遅れるのかを調べて見ました。

 

ドライバーが運転中に危険を感じてからブレーキを踏むまでの時間は「10代、20代、30代、40代と50代までは約0.7秒」とされます。

 

ところが一転、70歳を超えると1秒台の後半にまで失速するようです。数値的には60歳前後まではかろうじて及第点といったところです。

 

しかし、世代別の反射神経の俊敏性を検査するテスティングでは、男性が30歳、女性は35歳が最も全身反応時間が短いという結果が出ています。その後は男女とも加齢に準じて反応時間が長くなり、40代後半から一気に反応が悪くなることが分かっています。

 

すなわち、反射神経の低下は60歳前後からではなく、40代中盤から衰えが見られるのです。

 

まだ若いと安心せず、どなたでもクルマのハンドルを握るときは一層の注意を持って『安全運転』を心掛けましょう。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!