カレンダー

<   2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

18年は約42万人が返納

  

日本経済新聞の「きょうのことば」(611日)のコーナーによると、75歳以上のドライバーが過失の最も重い「第1当事者」となった交通死亡事故は年間400件台で推移しているとのこと。

 

全体の事故件数が減るなかで割合は年々上昇し、2018年は過去最高の14.8%でした。

 

社会の高齢化とともに75歳以上の運転免許保有者は増加し、18年末時点で563万人、08年末の1.8倍となっています。20年には600万人になると推計されます。

 

事故の原因は様々ですが、記憶力や判断力の低下が影響した可能性があるとしています。加齢によって動体視力や反射神経が衰えることで、安全な運転に必要なハンドル・ブレーキ操作に遅れが出るとの指摘もあります。

 

現在の高齢者事故対策は09年に導入した「認知機能検査」が柱になっています。75歳以上は免許の更新時に検査を受け、「認知症の恐れ」があった場合は医師の診察を義務付けられます。

 

診察で認知症と診断されれば免許取り消しか停止になります。自主的に免許を返納する人は増加傾向にあり、18年は約42万人が返納しました。

 

このコーナーをご覧いただいている方も、ご本人様或いはご家族様に高齢者がおられるなら、免許証の返納について一度前向きに考える機会かも知れませんね。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!