カレンダー

<   2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

時勢は100円から300円へとシフト

  

昨今、頻繁に「300円ショップ」を見かけるようになりました。「スリーコインズ」、「CouCou(クゥクゥ)」、「ミカヅキモモコ」などが「代表的300円ショップ」ですが、右肩上がりの快進撃は続いています。

 

都内のイオンモール内にある「300円ショップ」を覗いて見ると、ウワサには聞いていましたが、多くのお客で賑わっていました。

 

店舗の商品数は100円ショップほどの品ぞろえはありませんが、100円とは同列ではないお洒落なデザインの日用品が見られたりします。

 

「お洒落」、「素敵」と云ったプラスアルファを付けて100円ショップの商品に食傷気味になった顧客を呼び込んでいる構図です。

 

300円ショップの販売手法は生活雑貨がメインで、なおかつ商品は毎日新商品を店頭に並べる店舗も多く、流行に左右されない定番商品もありますが、即日完売の商品の割合が高いと見られます。商品の回転が速く、ショップに独創性を醸し出しています。

 

ここへきての300円ショップの台頭は、デフレが長く続き節約疲れの反動が出始めているという見解もありますが、消費者の購買行動の変化を背景に変革期を迎えていると云えるのではないでしょうか。

 

「ダイソー」は非上場のため業績は不明ですが、上場企業の「セリア」や「キャンドゥ」は客数が大きく減少してのいるのに対し、300円ショップの「スリーコインズ」、「CouCou(クゥクゥ)」、「ミカヅキモモコ」は2ケタ前後の増益を続けています。

 

「デフレ時代」の旗頭だった100円ショップですが、時勢は100円から300円へとシフトしているのかも知れません。「300円ショップ」の成長余地は草創期から発展途上に入った段階で、将来性は高そうです。

 

皆様方からの投資相談を随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!!