カレンダー

<   2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

花見の経済効果は...

  

日本の「花見」がインターナショナル的な人気になっています。弊社の近くにある浜町公園でもここ数年、訪日観光客のグループによる花見が盛んです。

 

花見と株式市場の関連を調べて見ると、興味深いことが分かりましたので、今日はそのお話をさせていただきます。

 

まず、過去の株価を見ると、満開の早かった年の春相場(25月ころ)は上昇することは分かりました。

 

東京のデータになりますが、2001年以降で最も早い満開は、02年の321日です。次いで13年の322日、08年の327日と続きます。

 

それに日経平均の動きを、それぞれ3月(始値)と、5月(高値)の株価で比較したところ、02年は10.8%、13年は34.6%、08年は10.4%の上昇率でした。早い満開は株高に結びついているのです。

 

一方、遅い満開は46日でこの日は過去3回あって、日経平均はすべて下落しています。その下落率は05年が4.3%、11年が7.0%、12年が3.4%となっています。

 

花見の経済効果についても弊社なりに検証してみました。今年3月下旬から5月上旬までの1か月半で約6600億円との数字が出ました。

 

日本人の支出が約2550億円、訪日客が約620億円で、総支出額は3170億円に上ります。これに店舗従業員らの所得増加など2次波及効果を加えると、6600億円に達します。

 

なんと、東京スカイツリーの年間の経済効果が約830億円なので、その8倍にもなるのです。サクラが日本経済の救世主、今年も早い満開を願っています。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!