カレンダー

<   2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

「悲観で買い、楽観で売る」が最重要

 

「人皆西に行けば東に行け」、別の言い方をすると、「悲観で買い、楽観で売れ」と云うことです。

 

株式市場が下落して多くの人が悲観になり、怖くなっているときに買って、株式市場が上昇して多くの人が楽観的になり、ワクワクしている状態のときに売りなさいと云うことです。

 

常識的に考えても「悲観で買い、楽観で売る」方がパフォーマンスは上がるように思えます。その逆の「楽観で買い、悲観で売る」を繰り返したら、資産をドンドン減らしてしまうことは想像に難しくないでしょう。

 

個人投資家の場合、相場の見通しを当てようとすればするほど、多くの情報を掴んでしまいます。そして、「今後はこうなる、ああなる」という話をよくして、「やっぱりそうだね」という会話をしているのです。

 

多くの人が「株高になる」と云っていたら、「株高だ」と思い、多くに人が「悲観」と云えば、自らも悲観、楽観と云えば楽観と思い、結果として「悲観で買い、楽観で売る」ではなく、「楽観で買い、悲観で売る」心理になってしまうのです。

 

重要なのは、先行きの見通しを優先順位の一番目にするのではなく、「悲観で買い、楽観で売る」を最重要にすることです。

 

昔、ビートたけしさんの「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というギャグがありましたが、皆が悲観して株式を投げ売りしている時に、自分だけ逆に買いを入れるのは、ある意味で怖いことで勇気がいることでもあります。

 

しかし、その結果としてパフォーマンスが上がり「皆と逆をやった方が良いんだ」ということが分かり、その後は人の逆をやることに抵抗がなくなります。

 

株式投資で成功を収めるには、この感覚はとても重要なことだと捉えています。まさに「人の行く裏に道あり、花の山」なのです。

 

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

“必中銘柄”を用意してお待ち致しております。