カレンダー

<   2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

10月から100株に統一

 

東証など全国の証券取引所に上場している株式の売買単位が、101日までに100株単位に統一されます。

 

一時期は1000株単位を主流に多くの売買単位が存在していましたが、一本化により大半の銘柄は売買の最低金額が下がり、個人の株式取引を促す効果も期待できる上、売買単位を間違えて注文するミスも減る公算です。

 

株価1500円の銘柄の売買単位が1000株から100株になると、最低投資額は150万円から15万円に下がり、個人投資家が売買しやすくなります。

 

さらに、これまでは「最低投資額を確認するのに、株価と売買単位をそれぞれ調べた上で計算しなければならず、勝手が悪かった」のが、今後は銘柄ごとの売買単位を調べる手間が省略できます。

 

また、一本化は会社側にもメリットがあります。企業は東証から取引先などと株式を相互に保有する持ち合い株を縮小するように迫られています。ガバナンス(企業統治)を強化するためで、個人株主が増えれば持ち合い解消の受け皿になります。

 

ただ、株主が多くなり過ぎると、株主総会の招致案内の発送など企業の管理コストも余計に掛かるマイナス面もあります。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!