カレンダー

<   2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

日本株が回復基調

 

日本株に勢いが戻ってきました。日経平均株価は3月下旬に2617円の年初来安値を付けてから、1割ほど反騰しています。

 

上げの中心は“バリュー株”と呼ばれる指標面で割安感のある銘柄群です。低PBR銘柄で構成する「TOPIXバリュー指数」は、18年度に5%上昇しています。

 

一方、高PBR銘柄で構成する「TOPIXグロース指数」の上昇率は2%弱にとどまっています。

 

また、3月下旬からの1か月余りで大きく変動したのが為替と、米長期金利です。一時1ドル=104円まで円高・ドル安が進んでいた為替レートは5月に入って一時110円台まで回復し、円高による上場企業の収益悪化懸念は大きく和らぎました。

 

円安で真っ先に注目されるのが自動車関連です。日本株が上昇トレンド相場を演じるには、日本を代表するブルーチップ銘柄の株価上昇は欠かせません。

 

ブルーチップ銘柄が上昇した上で、物色のすそ野が広がることが1月につけた高値(24124円)を超える条件となるでしょう。

 

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

“必中銘柄”を用意してお待ち致しております。