カレンダー

<   2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

株式市場は一つひとつ克服

 

日本市場に強さが戻ってきました。日経平均株価は先週までに5週連続で上昇し、その間の上げ幅は1850円にも上っています。

 

海外勢の売りの勢いが止まったことが大きく左右していますが、春先まで市場を覆っていた不安心理が薄まり、海外投資家の日本株売りも一巡しました。

 

海外勢が日本株を売り越した背景には、下記の5つの要因がありました。

1)米長期金利上昇による株価調整、(2)米中貿易摩擦(戦争)、(3)北朝鮮情勢の緊迫化、(4)国内政治の停滞、(5)円高による企業業績悪化、です。

 

これら要因が完全に拭われた訳ではありませんが、株式市場は一つひとつ克服してきました。427日の南北首脳会談もその一つです。

 

さらに、米中貿易摩擦では、中国側が市場開放に前向きな行動を見せたため、市場に安堵感が広がりました。

 

日本株市場の不安心理を表す「日経平均ボラティリティー・インデックス」も1月下旬の相場急落前の水準まであらかた回復しています。

 

株式のPER(株価収益率)を基に計算した益回りと、10年物国債利回りの差を示した「イールドスプレッド」と呼ばれる指標を見ても、日本株はイールドスプレッドが拡大して、割安感が台頭してきました。

 

「株価はファンダメンタルズを映す鏡」と云われます。日本株が126日の高値24129円を更新するのにそれほどの時間は要さないでしょう。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!