カレンダー

<   2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

一年の計は大発会にあり

 

2018年の大発会(だいはっかい)は、741円高(3.3%)の上昇となり26年ぶりに23500円台を回復しました。

 

大発会とは、日本の証券取引所で、年始を祝う式典や取引初日を指します。原則14日ですが、お祝いムードで買いが入る「ご祝儀相場」に期待が膨らむ一日になります。

 

取引は2009年までは前場のみでしたが、10年から通常日同様に前場・後場となりました。

 

また、大発会は株価の値動きが大きくなりやすいとされます。年末年始発表の経済統計など、休場中の材料を一気に織り込む面もあります。米国の取引は日本より早く、今年は12日に始まりました。

 

株式市場では「一年の計は大発会にあり」と云われるほど、相場の方向性を占う重要な日とされます。一般的に機関投資家は年末にいったん株式を手仕舞う傾向にあり、新年に入ると再び資金が流入するとの期待もあります。

 

昨年までの10年間を見ると、大発会に日経平均が上昇した6回のうち、4回は年間でも上昇となっています。いい一年になりそうです。

 

例年恒例の“新春お年玉銘柄”でガッチリ儲けましょう。

お問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!