カレンダー

<   2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

中小型株が18年相場も牽引

 

先週からスタートした相場は昨年からの好調を引き継いで順調の一言です。

日経平均株価が約26年ぶりの高値、景気が29年ぶりに7四半期連続で改善し、雇用に至っては43年ぶりの好環境。―2017年はこんな「ぶり」づくしの1年でした。

 

但し、この中身を検証すると、12年ぶりとなる株価変動率の小ささが分かります。記録づくしの1年ではありましたが、実際は9月の安倍晋三首相による「国難突破解散」表明までは、上にも下にも動きの小さい毎日でした。

 

日経平均の7月の値幅(270円)は前月末比の変動率で1.3%と、実に368か月ぶりの低さです。

 

ですが、各種指数の動きを検証すると、中小型株が優位を保った一方、大型株が劣後した構図が見えます。

 

主要な13指数の前年末比の上昇率をランキングすると、日経ジャスダック平均株価が44%でトップとなり、2位は東証2部株価指数が38%、3位には31%のJPX日経中小型指数が入っています。

 

一方、最下位は主力株だけで構成するTOPIXコア30で、上昇率は12%でした。

 

中小型株には投資信託経由でも活発に資金が流入しており、主要小型株の平均PERは17倍にとどまっていることから、今年18年も少なくても前半まではこの流れが続くことになるでしょう。

 

例年恒例の“新春お年玉銘柄”が大相場の兆しです。

お問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!