カレンダー

<   2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

テールリスクの顕在化

 

テレビのコメンテーターやマスコミの報道を聞くと、あまりにも極端な方向にブレる傾向があります。一般投資家はこれに惑わされないようにしてもらいたいものです。

 

ギリシャ危機に始まったユーロ危機の際には、日本にとっても深刻なリスクなどと散々煽った上、悲観一色の報道をし、北朝鮮の核実験やロケット発射では「大変だ〜」と、日本の市場の暴落を吠えまくります。

 

それは、極端な発言をした方がテレビ受けをするからに他なりません。いわゆるテールリスクの顕在化です。因みにテールリスクとは発生の確率は低いが、発生してしまうと大きな被害を被るとされているからでしょう。

 

パニックは「政策の母」と云われるようにマーケットが動揺し、人々がパニックに陥る度に政策が発動され、相場は基本的に「実勢」と「政策」の綱引きのような状態となります。

 

まして、危機が根深いほどテコ入れの規模は大きなものになり、次なるバブルを生むことになります。これが歴史の教訓です。

 

多くの投資家が、リスク・オフの方向に走れば走るほど、その後のリターンは大きなものになります。昨日の日経平均株価は21年ぶりの高値を付けており、201212月に発足した第2次安倍内閣以降で、最高値だった286803銭を上回って引けております。実際、資産価値のアップ条件は揃いつつあるのです。

 

当社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

“必中銘柄”を用意してお待ち致しております。