カレンダー

<   2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

あの時の押し目が買い場だった...

 

201212月からアベノミクス相場がスタートしましたが、その間、日経平均株価は予想PER(株価収益率)13倍を下限、17倍を上限とするボックス内で概ね推移してきました。

 

2017年度の第1四半期決算が発表されましたが、予想通り多くの企業は好調で、足元の日経平均の今期予想ベースのEPSは過去最高水準となっています。

 

EPSをベースとする日経平均の上下幅も、下限が18400円程度、上限が24000円程度と、以前よりも水準が大きく切り上がっています。

 

弊社では先行きの見通しに対して強気ですが、この見通しはテクニカルだけではなく、ファンダメンタルズ(経済の基礎的な指標)でも後押しされています。

 

日本株は、米トランプ政権の混乱や北朝鮮情勢などの影響で“イマイチ”の状況が続いていますが、弱気になる必要はまったくなく、逆に押し目を狙うチャンスが近づいていると考えられます。

 

去る829日には日経平均予想PERは13.59倍へ低下しましたが、この水準は昨年119日の13.76倍を下回り、一層の割安感を強めています。

 

昨年の624日には英国のEU離脱の影響から、日経平均は安値14864円を付けましたが、この場面でのPERは12.62倍であり、この時が最高の買い場であったことは明らかです。

 

今回も後から振り返れば、「あの時の押し目が買い場だった」となることは間違いでしょう。

 

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

“必中銘柄”を用意してお待ち致しております。