カレンダー

<   2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

ZEH(ゼッチ)が主流に!

 

住まい選びで、最も関心の高い機能の一つが省エネ性です。国土交通省の「住宅市場動向調査報告書(2015年度)」によると、注文住宅の約半数が太陽光発電設備を備えており、家計にやさしいと共に地球環境への負担を減らすことにもつながります。

 

住宅の高断熱化と高効率化設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下にするのがZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。

 

政府は2020年時点で新築住宅の半数をZEHにする目標を掲げております。NEHの普及によって、災害時にエネルギー供給がストップしても、家族の安心・安全を確保できる可能性が高まります。

 

一方で人工知能(AI)の進化が暮らしを大きく変えようとしています。ご存知の通り、自動運転車などの分野で研究が進んでいますが、住宅にも広がりつつあります。

 

その一つがIoT住宅です。これにより利便性が飛躍的に高まります。スマホ一つで様々な家電を操作できるようになります。

 

また、冷蔵庫の食材の量を自動で確認したり、家族の健康を考えたレシピを確認したりすることもできます。

 

さらに、スマホのGPS機能を利用することで、自宅の近くまで帰ってきたらエアコンを作動させたり、お風呂を沸かしたりすることも可能になります。

 

外出後の鍵の閉め忘れに気づいた場合には施錠をすることも可能、家電機器の使用状況を確認することで、離れて暮らす家族の様子を確認することもできます。

 

AIの進化、近未来のIoT住宅を組み合わせることで、暮らしの安心・安全が大きく進歩することになるでしょう。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!