カレンダー

<   2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

官公庁が主語になる記事は重要なヒント

 

個人投資家から多くの質問を頂きます。最近、多いお尋ねは「株式市場で大相場になるテーマはどうやって、見つけるのですか?」という内容のものです。

 

弊社からの回答は「個人投資家の場合は、新聞でも経済面だけでなく、社会面の社会ニュースをじっくり読むことが重要」とお答えしています。

 

例えば最近度々、お年寄りの車の誤操作による交通事故の記事が多く報道されています。そこから「自動ブレーキの普及が一層進みそう」とか「何らかの政策的な対応策が出そう」など世の中を改善する方向に思考が働きます。

 

また、「中国でPM2.5が街中を覆う」というニュースでは、「中国も電気自動車普及に力を注ぐかも…」などと考えが思い浮かびます。

 

さらに新聞を読む際には「経済産業省は…」「国土交通省は…」「厚生労働省は…」など官公庁が主語になる記事は重要なヒントになります。ここには電気やガスなどのエネルギー政策、国土・交通政策、成人病の深刻化、地球温暖化対策など、社会で求められるビジネスや新制度についての材料が豊富にあります。

 

そして、特に気になる“フレーズ”が見つかったら、さらに踏み込んで調べて下さい。そこで便利なツールが日経電子版の「Myニュース」で、そこにキーワードを登録すれば、関連会社の公式情報など自動配信で受け取れます。お試し下さい。

 

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!

“必中銘柄”を用意してお待ち致しております。