カレンダー

<   2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ

“株のソムリエ”からの勝ちの連鎖術!

貴方様は「頭と尻尾は他人にくれてやってますか?」

 

多くの個人投資家の方々は、とかく底値で買って天井で売ることにこだわり過ぎる傾向にあります。

 

実際それは、神様以外は不可能であり、底値で拾おうと思うあまり買い時を逃がしたり、天井で売ることにこだわり過ぎて売り時を逃がしたりと、誰でも経験のあることでしょう。

 

底値と天井を完璧に見極めることなど、どんな優秀なファンドマネージャーや外国人投資家でも無理なのですから、それにこだわり過ぎてみすみすチャンスを逃がすくらいなら、多少底値より高く買って、多少天井より安く売るくらいの余裕を持って売買をした方が、結果的に好成績につながるものです。

 

実際、売買の上手なプロ並の投資家はまず天井で売ろうとはしません。しかも天井を確認してから売るのではなく、天井を付ける前に売ってしまうことが多いのです。

 

何故なら、天井を付けた株価と云うものは一気に下がる場合が多く、また高値覚えがあるため、その後も売り場を逃がしてしまうことが多々あるのです。つまり、「絵に描いた餅」にするほどもったいないことはないので、その前にさっさと売り抜けることの方が賢い投資方法なのです。

 

また、投資のプロなどは取引の多くが順張りです。順張りは上昇トレンド中、もしくは上昇トレンドを確認してから買う投資方法なので、正にこの「頭と尻尾はくれてやれ」を地で行っているのです。

 

大幅に下落している相場を見ると、「そろそろ下げ止まる」と思い、買ってみたくなりますが、それは「逆張り」で、いわゆる「落ちているナイフを素手で…」となるので、よほど腕に自信のある方以外にはお勧めできません。

 

皆様方からの投資相談並びに入会受け付けを随時承っております。

弊社へのお問い合わせは03-3868-2801までお気軽にどうぞ!